「おひさまカフェ」始まりました

認知症になっても安心して暮らせるまちを目指している柳原に、ふたつめのオレンジカフェが誕生しました。
8月1日「おひさまカフェ」が10時にオープンしました。
今年4月に、新しく開設されたエフビー介護サービス㈱さんの”あったかほーむ柳原”の地域交流室をお借りして、毎月第1水曜日に開催します。認知症の方とそのご家族の支援を目的としていますが、地域のどなたでもお越しいただいて12時まで過ごすことができます。
スタッフが、みなさまのお越しをお待ちしています。医療・介護の専門スタッフもおりますので、不安や悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

おひさまマークが目印ののぼり旗が、入り口に立っています

オープンに先立ち、住自協 清水会長よりあいさつをいただきました

つづいて、地域包括支援センターの松田さんよりごあいさつをいただきました

毎回カフェの運営を担っていただくスタッフのみなさんです

地域の人たちが、コーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しんでいきました。歌を唄いたいという希望もあり、次回は「青い山脈」「高校三年生」を唄いましょうということになりました。