ふくし相談員「なかちゃん家」におじゃましました

10月12日(日)午前10時過ぎ、ふくし相談の相談員3名と一緒に、中俣区の縁側サロン「なかちゃん家」におじゃましました。
DSC06598


「なかちゃん家」ののぼり旗がさわやかに出迎えてくれました。

DSC06600


ちょうど日本舞踊が始まるところでした。しなやかな踊りに私たちは魅せられてしまいました。

DSC06604


次は私たちの出番です。後ろで始めたところ、前へ前へと勧められるままついに舞台の上にあがって「ふくし相談」のPRをさせていただきました。
まずは、弁護士の漆川さんから自己紹介です。包括の小林さん、フランセーズ悠の松下さんと続き、最後に私です。

DSC06605

「介護認定を受けるにはどうしたらいい?」など、詳しい説明を包括の小林さんからしていただきました。そのあと、いろいろな質問がでました。
何歳から介護サービスが受けられるんですか?
デイサービスをいくつも利用している人がいるが、できるんですか?
デイサービスは自分で選べるんですか?
などなど、そのつど相談員がわかりやすく説明をさせていただきました。

最後に「振込め詐欺見張隊」の紹介をしました。
自動発報機能付き 振り込め詐欺抑止装置のことで、電話機に取り付けるだけで犯罪被害防止ができます。着信前に「この電話は振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」とアナウンスを流すので、あやしい電話はその時点で切ってしまうので、取り付けたその日から安心・安全です。

以上、ふくし相談お茶のみサロン訪問の報告でした。