町の「保健室」

長野市と松本市に、心や体、性に関する相談に応じる、町の「保健室」があります。

どちらも養護教諭をつとめた女性がボランティアで開き、開設から3年間で、のべ

1000件以上の相談があったそうです。

親からは不登校や発達障害が中心で、子どもや若者からは、性の問題がほとんど

ということです。

「保健室」を開いてから、ここにやってくる人たちの相談を受けながら、大きな収穫が

あると言います。

時には、「お茶のみサロン」を開催したり、地元の人たちが気軽に集う交流の場にも

なっているようです。

暗闇で手探りするような気持で、保健室にやってきて、何とかトンネルの出口が見えると

いいなと思い、全神経を集中して話を聞いて、そしてぽっと出口が見える瞬間……..こん

な場所が必要なんですよね…..

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました