中俣ハッピーフレンズでお口とカラダの元気体操

年をとると、固いものが食べにくい、むせることが多くなった、飲み込みにくいなど、いろいろな症状が出てきますね。でも、いつまでも口からおいしい食事をしたいですよね。
そこで、中俣体操クラブのハッピーフレンズは、6月12日、市介護保険課の歯科衛生士、吉野さんに「お口とカラダの元気体操」を教えてもらいました。

お口の体操は、口、頬、舌、喉、唇、を鍛えることで、誤嚥予防をしたり、食事をおいしく食べたり、お口の元気を維持するのに役立ちます。むせるようになったら、誤嚥(食べたものが誤って気管に入ってしますこと)しているということだそうです。誤嚥がもとで肺炎になるケースが多いので気をつけましょうと教えてもらいました。

歯科衛生士の吉野さん

線路は続くよどこまでもの歌を、バタカラ編でカラダを使いながら元気体操

パタカラ体操は、できるだけ大きな声で、口をはっきりと動かし発音することで、口の周り・舌・のどなどの体操になります。楽しい元気体操の時間でした。