小島区どんど焼きが行われました

無病息災・家内安全・五穀豊穣を祈念して、恒例のどんど焼き(歳徳神祭)が、好天に恵まれた平成27年1月12日(月)に小島区育成会の主催で、多くの子供たちや区民の皆さんの参加を得て行われました。昨夜来の雪がうっすらと積もる寒い朝から、子供たちや育成会のお父さん、お母さん達によって、お正月に各門に飾られた松飾や、一年間のお勤めを終えたお札やダルマなどが集められ、きれいに積み上げられ、そして盛大に燃やされて、「どんど焼き」は行われました。
どんど焼きの火で焼いたお餅を食べるとその年の病を除くと言われています。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われています。
みんなの思いをのせた「どんど焼き」の炎と煙が、今年も小島の地域に幸せをもたらしていただけますように…。

雪の残る朝早くから、松飾やダルマなどが集められます。

雪の残る朝早くから、松飾やダルマなどが集められます。

集まった松飾りやダルマなどをまとめたり準備をするのは全員参加です。

集まった松飾りやダルマなどをまとめたり準備をするのは全員参加です。

きれいに積み上げられて準備は整いました。

きれいに積み上げられて準備は整いました。

点火!

点火!

参加者の思いをのせて、火は盛大に燃え上がります。

参加者の思いをのせて、火は盛大に燃え上がります。

この火で焼いたお餅を食べると、一年間病気にならないと言われています

この火で焼いたお餅を食べると、一年間病気にならないと言われています

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました