9月5日 柳原地区総合防災訓練

優先度を踏まえた個別避難計画のモデル地区になりました。
災害福祉カンタンマップを使っての実験にも取り組みます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策をしっかりして行います。
各戸を訪ねる時、一時避難場所に集まる時は、マスクを着用して下さい。

今回は、〇時〇分に大きな地震が起きたという訓練の想定です。まずは、自分と家族の安全を確保したら、とりあえず外に出て隣近所の方と無事を確かめ合いましょう。無事かどうかわからない家があったら声をかけてください。本当の地震の場合は、家具の下敷きなっているかも?

安否確認に重点を置いた、情報伝達訓練を予定しています。区がそれぞれのやり方で住民の安否確認をします。みなさんは、自宅で待つのか。自分から一時避難場所に出向いて無事を報告するのか。区からの訓練内容を確認しておきましょう。

自分や家族のためだけでなく地域みんなのためにもひとり一人がしっかりと備えておくことが大事です。
地域の防災組織は、災害が起きた時、みなさんの無事を確認することがとても大事だと考えています。どのようにして、住民のみなさんの安否を確認できるのか悩んでいます。また、支援が必要な方に対してどのように働きかけるかを模索しています。みんなで一緒に考えていきたいと思います。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました