ご近所パワーで助け合い起こし講演会のお知らせ

全国各地で大災害が起きています。映像を見るたびに人ごとではない現実に大きな不安を感じます。
いつ起こるかわからない災害。備えは大丈夫ですか?当事者になったらどうしますか?
日頃から備えをしておくことが大事だと頭の中ではわかっているのですが、実際に何をどう準備すればいいのか?
公助があてにならない時代がきています。弱くなった共助をどうすればいいのか。自助はどうすればいいの?
そんな不安を少しでも解消させてくれるお話を聴く講演会を企画しました。
福祉はここまで進んでいます。目からうろこのお話がたくさんあります。

見守りから介護まで
住民流 助け合い起こし
2月5日(日)午後1時30分~3時30分
柳原公民館 大学習室
講師:住民流福祉総合研究所
     木原 孝久氏

木原孝久氏プロフィール
東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業後、福祉施設職員や福祉医療雑誌記者、中央募金会を経てフリーに。
一方で、40年以上にわたり住民流の福祉の在り方を追い求めてきた。
その中で、住民の助け合いの実態を把握する「支え合いマップ」を開発するとともに、「助けられ上手講座」の開催支援や「ご近所福祉サポーター」の養成など、住民流の福祉を定着させるための各種事業を展開している。
日本人のお付き合いの習慣が助け合いを阻んでいることに着目、「お付き合い革命」を訴えている。現在埼玉県在住。

助け合いイラスト に対する画像結果

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました