見て、触ってみよう! 市民病院見学

11月10日(土)13:15~ 長野市民病院
「見て触ってみよう!病院で使われる医療機器」に行ってきました。

手動で点滴を行うことは大変であることも実際にやってみてわか
りました。決められた時間に一定の量で点滴を行う機器を使用す
ることでより安全な治療ができるとのこと。気泡を検知すると自動
で止まります。

AEDの操作を体験
パットの装着について ペースメーカー傷があるとき
また子どもで体が小さい場合などについて説明を受けました。 

腹腔鏡手術のカメラ等の器具を実際に操作体験しました。
カメラで写す人と鉗子?を操作する人とで連携して箱の中の
キャンデイーをつかみ取るという楽しい体験でした。
 

最後に臨床工学技士という仕事について教えていただきました。
病院で使われるさまざまな機器のメンテナンスや操作の指導など
医師や看護師・他のたくさんのスタッフとともに医療に欠かすこと
のできない仕事であることがわかりました。 

講師の丸山さん
私たちの質問にも的確にかつやさしく答えていただきました。
病院では、このような技師の方も含めてたくさんの方が働いて
いることがわかりました。ありがとうございました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました