いつわ苑祭でボランティアさん活躍

青空いっぱいの秋晴れの14日、住自協事務局からほど近い長野障害者総合施設いつわ苑では「いつわ苑祭」が開かれていました。

駐車場スペースでは、テントがいくつも並び、模擬店が苑祭を盛り上げていました。
採りたての新鮮な野菜が安く売られていたり、やきとり、やきそば、海鮮焼き、おやき、おまんじゅう、お菓子、うどん等 食欲の秋を彩るかのようにところ狭しと並んでいました。

 

柳原地区のボランティアさんも赤いはっぴを着て会場を盛り上げていました。

「きょうはいい天気だなあ」パンダくん、まぶしそうー

ピースがでるほど、このやきそばはおいしいよ!

施設の利用者のみなさまも外の空気をいっぱい吸って、おいしそうに食べている笑顔がとてもあったかでした。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました