6月12日 班ごとマップ研修

6月12日(土)「班ごとマップ研修」を行いました。
今回の研修は、長野県社会福祉協議会が進める『災害福祉カンタンマップ』について県社協の橋本さんとNPO法人さくらネットの石井布紀子さんをお招きしてお話をききました。
災害時の安否確認をスムーズにできるように開発中のアプリを利用して今年の柳原地区の防災訓練で住民の安否確認に取り組む計画です。
『災害福祉カンタンマップ』は、地域のハザード<危険>と住宅地図を合わせたもので災害時の安否確認に役立つと考えられます。
また、長野市がすすめる「優先度を踏まえた個別避難計画作成」のモデル地区として『災害福祉カンタンマップ』の実証実験に参加します。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました