筋力トレーニング&ストレッチで老化や病に備えよう!4月スタート

運動器症候群てご存知ですか? 最近よく聞く「ロコモティブシンドローム」とも言われています。 運動に関連する臓器(筋肉、関節、骨、神経、脳など)の何かに不具合がある状態を「ロコモティブシンドローム」と言います。

若々しく動くのに必要な「筋力・骨量」を維持し続けるために、筋力トレーニングとストレッチ運動を定期的に行うことが大切です。筋力・骨量を増やして、将来の「老化」や「病」に備えましょう。

体験会の様子  筋肉の強張りをほぐす、太ももの裏側を伸ばす

体験会の様子  筋肉の強張りをほぐす運動 太ももの裏側を伸ばす

DSCF0795

筋力トレーニングとストレッチ運動 体験会の様子

4月から講座がスタートします。

全6回の講座
①4月 7日(木)    時間 1:30~15:30
②4月14日(木)    場所 布野公民館
③4月21日(木)    講師 理学療法士・作業療法士
④4月28日(木)    定員 25名
⑤5月12日(木)    持ち物 水分補給のための飲み物  動きやすい服装
⑥5月19日(木)
※なるべく6回続けてご参加ください。

全6回講座終了後は、5月26日(木)13:30~布野公民館で継続して行います。