水内坐一元神社の春の例祭が行われました

好天に恵まれた平成26年4月19日(土)・20日(日)の二日間にわたり、水内坐一元神社の春季例祭が行われました。
19日の宵祭りには、小島太々神楽保存会による神楽が小島区内を巡行し、獅子舞・三番叟が奉納されました。
20日は大宮において、長沼宮司様により祈年祭祭事が執り行われ、今年の小島区の安寧、区民の家内安全、五穀豊穣などが祈念されました。
保存会による獅子舞・三番叟の奉納にあたっては、16日(水)から18日(金)まで毎晩練習を行い、本番に向けた準備を進めました。練習に参加している子供会員の技術も向上して、区民のみなさんからは、伝統の継承に心強い期待が寄せられています。

正座の礼をしてから練習に入ります。教えられたからからではなく、大人のするところを見て、自然にそうなりました。

正座の礼をしてから練習に入ります。教えられたからからではなく、大人のするところを見て、自然にそうなりました。

若いから伸びの速いこと! 将来が楽しみです。

若いから伸びの速いこと! 将来が楽しみです。

練習の最終日は「足揃え」といいます。獅子も本番モードです。

練習の最終日は「足揃え」といいます。獅子も本番モードです。

明日の本番に向けて眼差しにも気合が入ってきます。

明日の本番に向けて眼差しにも気合が入ってきます。

夕方6時、区協議員さんを前に獅子舞披露します。

夕方6時、区協議員さんを前に獅子舞披露します。

6時30分打ち上げ花火の合図で神楽が公会堂より出発します。提灯は常会ごとにあり、 常会長さんと副常会さんで交代しながら持ちます。

6時30分打ち上げ花火の合図で神楽が公会堂より出発します。提灯は常会ごとにあり、
常会長さんと副常会さんで交代しながら持ちます。

朝日区長、町田氏子総代を先頭に出発しました。

朝日区長、町田氏子総代を先頭に出発しました。

総代さん宅で獅子舞奉納、保存会の見せ所です。

総代さん宅で獅子舞奉納、保存会の見せ所です。

大宮に到着、奉納の獅子舞です。

大宮に到着、奉納の獅子舞です。

公会堂に戻り直会、森山保存会長さんの挨拶から厳粛に始まりました。

公会堂に戻り直会、森山保存会長さんの挨拶から厳粛に始まりました。

翌日20日の午前、朝から神楽は区内を各家々を廻りました。

翌日20日の午前、朝から神楽は区内を各家々を廻りました。

役目を終え、神楽をしまいます。

役目を終え、神楽をしまいます。

前日立てた吹き流し、幟旗が田んぼ風にたなびき、良い春景色です。サクラ満開。

前日立てた吹き流し、幟旗が田んぼ風にたなびき、良い春景色です。サクラ満開。

宮司さんをお迎えし祭事を執り行い、和やかなご歓談を頂きました後、小島の春祭りを無事終えることが出来ました。 保存会の皆様、役員皆様の事前準備、2日間役割に貼り付けの皆様、見えないところでのご協力に感謝を申し上げます。

宮司さんをお迎えし祭事を執り行い、和やかなご歓談を頂きました後、小島の春祭りを無事終えることが出来ました。
保存会の皆様、役員皆様の事前準備、2日間役割に貼り付けの皆様、見えないところでのご協力に感謝を申し上げます。