村山 秋の大祭

稲刈りが始まり、中生リンゴの取り入れまじかの9月22日(土)、23日(日)秋の大祭が執り行れました。22日14時30分 子供神輿が研修センターを大きな掛け声で大勢の子供たちに引かれ出発しました。区内北から南から子供たちの大きな声が響き、各家から盛んな拍手と励ましの声援に子供たちは張り切って神輿を引いておりました。18時からは、育成会による花火大会が行われ子供たちはお祭りを楽しんでおりました。

花火を合図に献灯行列、神楽の出発です。高札を先頭に献灯、三役、協議員、鬼灯提灯、神楽、鬼灯提灯と続き、黄金色の稲穂、リンゴの間を西へ、北へ、南へと太鼓、笛の音色に乗って区内を一巡です。

総代宅で獅子の奉納、区長宅で小休止、地蔵堂で獅子奉納、途中雨に会いましたが19時、花火と同時に村山神社に到着し一同礼拝、獅子の奉納をして行列を終了しました。

19時30分より神社庭の特設ステージで芸能カラオケ大会が開催され、育成会で、友達と二人で、親子で、練習の成果を、常会の代表で、飛び入りで、と大勢の方の出演と、観衆の方一緒になり熱気に包まれました。又、お神酒が振る舞われ、育成会の焼き鳥、おでんなどの出店があり、盛大で ”” あっ ”” という間に大会が終わっておりました。

23日13時より多くの区民の参列の中、祭事が執り行われ今までの無病息災、五穀豊穣を感謝し、これからを祈願しました。